厨房でお使いの方へ:

タッチパネルの指示通りにお使い頂くだけの安心操作

微生物もペットと同じ きちんと飼育方法を守り、可愛がって育ててあげましょう (餌+水+酸素の管理)

飼育管理を遠隔で監視していますので、安心して設置直後からお使いください。 何かあれば、ご連絡します。

据付後はタッチパネルの指示に従って投入するだけ

LFC庫内の消化中の生ゴミの量、本日の投入量を常に表示します。

扉を開けた際に、追加投入可能な生ゴミの量を表示します。
入れすぎをエラーで警告。
扉を長く開けることで庫内の温度が下がらないよう警告。

作業場に、以下の内容のポスターを掲示します、至って簡単! これで、健康に稼働
  • 微生物に食べてもらい、生ごみを分解し水と共に排出します。人間同様に生物が消化できない貝殻・紙・大きなタネ等は投入しないで下さい。
  • 30~40℃くらいで微生物が元気になります。凍ったものや、熱湯を入れると死滅することもありますので、注意してください。
  • 液体や油を大量に流すと、微生物が洗い流されたり、窒息したりしますので、ご注意ください。洗剤・石鹸も入らないよう留意してください。
  • 扉を開けると庫内の温度が下がりますので、長い時間開けないようにしてください。概ね30分以上の間隔を空けて扉を開けてください。
  • 1週間に一度、消化していない物がないか、確認・取出しをお願いします。中を水で洗い流さないでください。
  • 装置及び給湯器の電源は付けたままにしてください。
週に一度の簡単お手入れをお願いします
  • 庫内の壁に付着した、細かく分断された食品の残渣を刷毛で落としてください。
  • 微生物で消化しきれなかったものを取り出してください。

生ゴミは腐敗していませんので、悪臭・べたつきはありませんのでご安心ください。
生ゴミをタッチパネルの表示に従い随時投入できますので、消化の早い食品の場合はより多くの生ゴミを投入することが可能です。
魚等の腐食の進行が早い食品でも即座に投入することで、厨房周りでの臭いの発生を抑えます。

投入できるもの (人が食べれるものは、問題ないとお考えください)

投入できないもの(無機質・繊維質が多い物のみ、他)

株式会社フジテックス

総輸入元
株式会社フジテックス
〒169-0072東京都新宿区大久保3-8-2
新宿ガーデンタワー 13F
https://www.fjtex.co.jp/

株式会社二樹エレクトロニクス

総販売元
株式会社二樹エレクトロニクス
〒221-0022横浜市神奈川区守屋町3-9
Tel. 045-450-4147
Fax. 045 450-4148

Power Knot LLC

製造元
Power Knot LLC
San Jose, California, USA
http://www.powerknot.com/lfc/